エミルクロニクルオンラインのブログ。癒し(?)がテーマです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Freesia Garden Exhibitionレポート 後編!

040-01


040-02


040-03


040-04



039-00


庭作りって、ほんと十人十色ですよね。


アップタウンに百人のプレイヤーがいたら、そこには二百の庭があると思え……!


アカウントで二つお庭持てますからねw というより絶対一つじゃ足りないです……。


まあ、言ってることはあながち間違いじゃないくらい ほんと色んな庭を作れるのはECOのウリですね。


夢のマイルームを作ったり、あっと驚く仕掛けを組み入れたり


もはや芸術の域に達しているお庭を見ると開いた口が塞がらなくなります。これをマーライオン状態と言います。


と、いうことを前回のレポートを見ながら思ったわけですよ。


みなさんほんとに凄いですね!


確かにこのコンテンツ、家具をいっぱい持ってる人、お金をいっぱい注ぎ込んだ人が優位であるとは思いますが。


以前あったなんでもECO、通称なんえこで 家具は何でも使い放題という夢のような条件下に放り込まれて


私、庭作りについて手も足も出ませんでしたから……!


物がいっぱいあっても使いこなせなきゃ意味ないのよー!!!


高級家具を使っていようがペットを配置していようがタンスがむき出しになっていようが


大事なのはセンスなのです。センスが光っていたらその庭は光って見えるのです。


そういう意味でも、レポートを見る限りどの庭も光っていたなぁと思った次第でした。


ああ……。


040-05


誰か私にもセンスをください(❀╹◡╹)


扇子ならあげるよとかいうのはいらんからな!




さてさてそんな私に代わって、センスをお持ちなフレンド様より前回の続きのレポートを預かってきましたので


引き続きこちらにて公開させていただきます。前回のレポートをお読みでない方はまずそちらからお読みください。





※はじめに
主催者様より
「SSをブログ等で公開されたくない方は庭の看板に「転載禁止」を」
という旨のお知らせがあったことから明記のなかった庭のSSは全て庭主さんに無許可での公開となっています。
もし公開しないで欲しい等ありましたらお手数ですがブログ管理者へご連絡ください。


※いいわけ
元々は当日、スタッフ兼業でどう考えても全ての庭を周るだけの時間が足りず
後でゆっくり見ようと急いで撮ったレポートを想定してない自分用のSSであるため、
見づらい、情報不足、SSモードにしていなくて掲載不可、
一部のタイトルしか把握出来ておらずタイトル紹介が出来ない、
さらに撮り忘れ、周れていない庭等抜けが多々あります。
不完全なレポートになっているので予めご了承ください。





 ≡_(,ω, _ )_ [ペット鑑賞会]

前回の続きになります。
私は事前にスタッフ参加を申し出ていたので一旦庭博を抜けてペット鑑賞会に行って来ました。


040-06


集合写真。しれっといい位置をいただきました。
表示制限に引っかかったりしていたので多分限界間際の集合具合だったのではと……!


内容としては各々好きなペットを連れて語ったり踊ったりでやーって寝っ転がったり。
元々こちらは余興程度、短時間で軽くということだったのですが、
それでもこれだけのロマンチックなぽやぽやを抱えた人が集まるのだから
また機会があればゆっくり話を聞いてみたいとも思いました。


どうでもいいですがローレライネタをちょこちょこ挟んでいても私はステラ派です
スタッフのお仕事は終了。な、何もしてない……。

[庭博覧会] _(,ω, _ )_≡





※ここからSSにPT情報が写ってしまっているものがあったので該当部分を黒く塗りつぶしています。


040-07


こちらの庭は空飛ぶパン屋とフシギな武器さん。
緑と動物に囲まれたのどかな雰囲気。
ここは飛空庭ですし、木もシンプルツリー一本のみですが
ティル・ナ・ノグの背景の力なのか森の中にいるような気分になります。
庭主さんが小麦粉を販売していて、それを買ってかまどでパンを焼くというセルフサービスがありました。
私もいただきましたヾ(*╹◡╹)ノ゙


よく見ると木の影に倒れた誰かの足だけ写って……。
\( 'ω')/ウオオオオアアーーーッッ!!





040-08


また外撮り忘れてるー!!<(*╹◡╹)>
室内のインパクトではトップクラスだったこちらの庭。
総勢28名の桃。桃。桃。
これだけいて服装被りほぼなしという狂おしいほどの愛を感じます……!
アルマの年のハート衣装とそれ以前のネコマタ衣装が全て揃ってるんでしょうかこれ。
みんつく衣装の子だけ見当たらないですが庭主さんが連れているのかな?


桃ちゃんの強烈さに目が行ってしまいますが家具も出来るだけ桃づくしのようで。
ピンクが好きな庭主さんなのやも。





040-09


こちらはウォーターガーデンにマリンハウスという水の庭の王道。
貝殻の街灯やサンゴ、レイアー住まいのフィギュアたちが雰囲気づくりに一役買っています。


040-10


内部は書庫のような佇まいで本棚がずらり。
壁に向かって整列させるだけではない配置の仕方がお洒落です。
イリス博士とエミリーのメイドさんが司書、パラケルススさんは知識を求めて来た研究者か探求者か……。
配置されたキャラクターにも役柄を想像させられます。


040-11


それでですね。庭の看板にイリスカード○○室(うろ覚えなので伏せておきます)とあったんですよ。
もしやと思いホルダーを開かせていただくとページをめくってもめくってもコンプリートされていてですね!?コワイ!
またお邪魔できる機会があればゆっくり見てみたいものです。





040-12


外を撮り忘れて戻ってきたのがわかる一枚
海に浮かぶ海賊船、これもまた王道ですね。
そういえばこの家、名前が海賊のアジトですがアジトって普通船の帰還先じゃないの、がんほーちゃん……!?


040-13


内部は海賊の酒盛りのイメージそのもの。
船の外観に合わせての壁・床の木製具合はもちろんのこと、
木箱の簡易テーブルにピクニックチェアーで素晴らしい海の男具合になっています。
一杯やっていそうなタイニーや酔っ払って倒れているタイニーも良い配役。


040-14


奥には柵を使った豪快な焼き料理も。
こんな調理器具まで作れるとはECOのハウジングは奥が深い……。





040-15


本棚と無数のカードホルダーが構成する只ならぬ空間。
大きく動きながらも停止している姿は時間が止まっているかのようです。
ECOでは縁がありませんが、RPGにおいてはなくては困る大事なもの。
こちら、その名もセーブポイント。


040-16


魔法陣であったり、不思議な水晶であったり、日記帳であったり。
様々な姿のセーブポイントが再現され取り揃えられています。
周りに浮かんでいるのは記憶や記録、メタ的に言えばセーブデータなのでしょう。
管理人(庭主)さんも謎のありそうな少女姿で雰囲気にとても良く合っています。
これ、本を開く演出のためにこの場に残って使ってるのですね……。
私もくじを引く直前でセーブしておきたいものです。





040-17


こちらは溢れんばかりの植物が美しい、常識に叛逆した庭。
大抵の庭は操舵輪から家までは一直線なのですが、こちらではサークルガーデンとウッドテラッツァで敢えて道を塞ぎ
家に入るため通る道にフラワーゲートを待ち構えさせています……!


オリエントハウスにはモクジュが死ぬとき森に帰り、自らが巣となるといったような設定があったはずですが
その辺りも汲んでいるのか、きのこ家具や森の仲間たちも配置されていました。


040-18


背面。初心忘れるべからずと並ぶ花壇。
地味にねこの足跡があったりオベリスクが建てられています。
……ここまで来たんでしょうか。布教に。


040-19


室内は良い意味で室内らしくない、王城の庭園のような姿。
花や果物に彩られて噴水まであって……私ここにいて大丈夫なんでしょうか!ただのアップタウン警備員ですよ!


恐ろしいのはこれほどの庭を作りながらくじ品……というより高額家具が少ない点です。
材料を集めて園芸などで作れる生産家具がメインになっていて、
手間さえ惜しまなければお金がなくてもセンス一つでこれだけの物を作れる、かも、ということ……!
私も緑系の庭を作りたがる傾向にあるので大変勉強になりました……!





040-20


おお、てりぶる!
ますたー、この庭きのこがいっぱいです。
パンプキン飛行帆にハロウィンの召喚陣とベースはハロウィンのようですが乗っ取られてしまったのでしょうか。
ジャックは怯えて二階に引き篭もってしまったのでしょうか。
でも彼の心の傷より焼かれているシイタッケの方が気になって仕方ありません!


040-21


焼かれるしいたけが居る一方で焼くしいたけも。
ねこかぼちゃに不意打ちもらいました。やっぱりこの顔は卑怯でしょうヾ(,ω, ノシ)シ


040-22


室内はきのこ成分控えめ。
階段を登るためではなく飾るために使っています。
階段に置いても違和感のない、小さな家具を選んでいるのも素敵。
奥にはすごい色の鍋やら顔のついたりんごが見えますが、大丈夫なんでしょうかこのお店……!





040-23


お次はこちら……なんじゃこりゃあ!
盛り土を使ってなんと洞穴が作られていました。
右の小さい穴はモモンガ用出入口みたいなものなのでしょうか。


040-24


洞穴の中はモモンガがたくさん。というか庭主さんまでモモンガでした。
せっかくなので話しかけてみましょう。
私「キュキュ、キュキュキュ、キュ?」
主「日本語でおk」
内容はフィクションですが、は、話しかけたのは本当ですよ!


040-25


庭主さんはこの辺りに居たと思います。ちょっと自信ない
多分ペット鑑賞会にもしれっとモモンガで混ざっていた方だと思うのですが
(本来はアルマ・ロア・御魂が対象の鑑賞会でした。現場は歓迎ムードでした)
いやあ……愛ってすごいですね……!
この方は前半と後半で出していた庭が違うようで、前半を見られなかったのが悔やまれます。


余談ですが、こちらの庭をお暇した時点で22:25。閉会式が22:30。
最終的に各自自由撤収で23:30まで延長はしていただけたのですけど
どれだけ焦っていたか……察してくれても、いいよ?(:3_ヽ)_





040-26


こちらはマンドラちゃんとネコマタたちが戯れる並木庭。
緑の多い庭がいくつかありましたが、あちらが春の癒やし庭ならこちらは秋の癒やし庭。
遊び疲れてしまいそうな面々は縁台で眠っているのも和みます。
空いている縁台に座ってのんびり風景を眺めながらお茶でもいただきたいですね……。
延長が決まったので気持ちにゆとりが出ています


客人を除けばここに居る人間はムツキさんと巫女姿の庭主さんのみ。
完成された世界と感じました。





040-27


こちらは冬の綺麗な空と雪のお宿。
女将(庭主)さんが外でお出迎えしてくださいました。


040-28


裏手には宿や旅館を作るのなら置きたくなる露天風呂。
こちらでは辺りが雪に覆われた雪見露天でありながら星見露天にもなっています。
雪景色の中で灯る逢魔ヶ刻……綺麗なんですよねこういうの。


040-29


宿は宿でも客室のみに焦点を絞り作り上げた室内。
高さを調節した(と思われる)応接机に置かれている和食が似合いすぎてびっくり。
この壁紙もこうして見ると、こう仕切れと言わんばかりの形状に見えてきます。


040-30


あっ土足
布団や行燈、黒電話などなど和風家具の魅力をフルに使った見事なお部屋でした。
経営出来たら絶対人気出ると思いますよこれ……!





040-31


4コマ撮影会場というタイトルだったと思います。
某所で貼られるとあるお方の4コマの撮影会場になっています。
こういった場で詳しく解説するのもなのでわかる方だけわかってください……w
私も最近はすっかりご無沙汰なんですけどね。
撮影会場だけあってあまり物を飾っておかずに、
必要なときに必要なものを出して設置する庭なんだと思います。





こちらの庭はタイトルなし(考えてなかったと看板にありました)だったのが印象深い庭。
いや、考えてなかった割に内容がすごくてですね……!


040-32


芝生を盛って作り上げた足場。辺りをせせらぐ水。
そこに浮かぶ絆のベンチ(こういった橋の名前がわからなくて直球表記しました)。
星空の下で揺れる彼岸花、蛍の光。水面に浮かぶ行燈……。スピリチュアルやね
これだけでも十分に美しいと思いますが、ウッドルーフを使い存分にこの場に浸れる休憩所まで設けられています。


040-33


こんな場にいたら当然、
あ~縁台に座ってスイカに塩振りながら流れ星を眺めたいな~
とか思うじゃないですか。か!あるんですよ。スイカも塩も、あるんだよ……!
これぞ日本の夜景……!と言いたくなる風流な庭でありました。街を照らす残業の光?知らないなあ


ちなみにこの彼岸花、有毒なので取り扱いの際はお気を付けください。
幼い頃、私はこの花の美しさに感動して「おかあさんにあげよう!」と摘んで帰ったところ
「それお墓に植える毒あるやつ」と言われ心に深い傷を(文章はここで途切れている――)





040-34


こちらはお散歩ガーデンに一軒家の柵や森の木を添えた緑の庭。
アーリーハウスには元々植物が付いていますが、やけに多いと思いませんか?
実はこの屋根、大量の黒魔術の花で飾り付けられています……!


040-35


大胆な花の植え方をされる一方で基本も忘れていません。
れんがポット、うえきばち、花壇、etc。
作るのを手間に感じてしまったりもしますが、やはり数があると華やかです。
天使のブランコにもちょっと細工がされていますね。


040-36


私のせいで見づらい室内(:3_ヽ)_
ストーブや暖炉の前に置くソファや安楽椅子、なんとなくいいですよね。





040-37


こちらは水中に揺蕩う神秘の庭。
円を描きながら積み上げ、少しばかり動かされた本棚がとってもお洒落……!
ステンドグラスや燭台が庭の設置限界付近に置かれているのですが、
これらがこの空間を特別なものと演出しています。
切り取られていると言いますか隔絶されていると言いますか。
サンゴに隠れてしまってますが、記憶の書架もここならその魅力を遺憾なく発揮出来ますね。
私は自宅に置くのを諦めました。


海中で画像検索すると出るような、光に向かうSSも撮っておけばよかった……_(,ω, _ )_
何属性かを考えたら水属性の私としては大失態ですヾ(,ω, ノシ)シ





040-38


こちらは先日実装された夏の家具の一つ、高床式ロッジを使った庭。
この庭博でちらちら見るこのウォーターガーデン+芝生、いいですね……!
今までウォーターガーデンを使うならマリンハウスかなという考えだったのでちょっとビリビリ来るものがあります。


040-39


一軒家の柵を上下逆にして埋め、池などにある杭と絡まる植物を表現しているようです。
素直に柵として人気のある家具ですがこんな使い方もあるんですね。


040-40


室内は一階の居住区と、螺旋階段を登って行く二階の研究室?でしょうか。
ロアはもう生み出さないそうですが研究は続けているのかもしれません。
白アイリスと黒アイリス、二人分のうさくみゃが居るのが微笑ましいです。





家を置かない庭なら結構あるんですが、
外に衣・食・住の全てを詰め込む庭は少ないのではないでしょうか。
こちらはそんな庭になっております。


040-41


ござでごろごろしてもよし、安楽椅子でねこを愛でててもよし。
ハンモックで昼寝もよし、ふとんでぐっすりもよし。
模様替えをすることなく気分で過ごす場所を変えられそうです。
普通の家であればまずやらないくらいの要素が詰め込まれてますが、
不思議と良い具合にまとまっている印象でした。


040-42


他人からどう見えようと、自分が使いやすいようにした部屋を
「俺の城」と言ったりしますが、ああいったものに近いのかもしれません。
もちろん人それぞれ、持っている庭全てが「俺の城」なんですけどね!





040-43


こちらは森の音楽家の家を使った緑の家。
畑ありマンドラありココッコーありでファーイースト風味になっています。
と言いますか緑庭多い……!かくいう私の庭も緑庭でな
やはり帰ってくる場所、腰を落ち着ける場所というと癒やしの空間にしたくなる心理が働くのでしょうか。


040-44


私は庭と合わなかったので青春の夏空はすぐしまってしまったのですが。
青々とした庭とはとても相性がいいですね……!


040-45


室内は広々とした姫のわがままを叶えるようなお部屋。
テーブルで洋食セットをいただき、テレビを見ながらアフタヌーンティーをいただき、
デザートプレートを摘んでプリンセスベッドへ……失礼なことを言う前にお暇しましょう(*╹◡╹)





040-46


こちらは先日実装された夏の家具の一つ、雨上がりの夏庭を使った庭。
入り口にカーテン付き窓が使われています、初めて見ましたこういう使い方。
家そのものもただ置かないのが最近の流儀……!(多分昔からです)


040-47


視点を変えてみると背面にはダクトが。
あまり意識しませんが庭の床下部分は機械が収まっていたはずですし、こういうのもリアルで良いですよね。


040-48


中に入るとそこには積み上げた本や実験器具の置かれたリビング。
研究室や実験室の側面もありそうです。私も前に作ってたのでわかります。多分。
庭博を周り終えたらしきPTさんが雑談してらっしゃってすごくアウェーでしたヾ(,ω, ノシ)シ
しかし私も庭博では何度も庭にお邪魔したお邪魔のエキスパート。
ただでは帰りませんよ……!超スピードで撮って帰ります


040-49


裏側。こちらは書斎でしょうか。
クローゼット緑とみかん箱がほんのりお似合い。
……というかTAKE MEでイメージが固定されてたので物入れの姿に地味に衝撃を受けました。
ほら!絆のベンチまたベンチにされてない!


040-50


二階部分は金庫などでしょうか。
以前は下から見上げたときに天井が見えてしまい二階が隠れてしまったりしましたが、
近年のくじ壁紙は天井が高いので二階作りにも都合が良いんですよね。
どんどん出して欲しいものです、壁紙。





040-51


前回ラスト同様、こちらもノルマンな壁を使って家を建てています。
キッチンの近くに大きいゴミ箱って何だかリアリティがありますね。
庭主さんがいらっしゃれば縁台に芝生、桜花片の場所の質問が出来たのですがヾ(,ω, ノシ)シ
絆のベンチがベンチにされてる!


040-52


こちらは別視点から。\にゃー/
露天風呂が二つ、一方は藤棚をくぐって入るようになっており大変雅やかです。
釣りで手に入る木の柵(で合ってましたっけ)、こうして使うと温泉周りの仕切りみたいでいいですね。
二階にはソファとごろごろ出来そうなじゅうたんがあり、ここで休息が取れそうです。


040-53


白黒アイリスさんだけかな?と思いきや、屋上にイリスさんもいました。
使えるものなら使いたい屋上。あなたの学生時代はどうだったでしょうか。よく封鎖されてるイメージですが





トリを飾る庭はこちら……!
恐らく開会式直後には出ていた一時間で作った迷路庭です。
実はゆっくり見ている時間がなかったために時間がかかりそうなこの庭を後に回し、
お邪魔してはSSを撮る妖怪ましーんになっていたのだ……!


040-54


……SSが悪くてあまり伝わらないかもしれませんが
通れそうで通れない、通れなさそうで通れるのオンパレードになっています。
答えを言ってしまうと確か右の竹やぶから左の竹やぶまで抜け、
雪に体を埋めながら家の裏を半周して右側へ行き藁敷きを抜けてようやく家に辿り着けます。
どう見ても通れなさそうでしょう?通れるんですよこれが……!


040-55


迷路に夢中になっててゴールするまで中のSS撮ってませんでしたヾ(,ω, ノシ)シ
この時点で23:25くらいだったんですよ!ゆとってたらこの有り様だよ!
SSの少ない情報で何とか解説しておくと表と同様、
通れそうだったり通れなさそうだったりで右行っては左行ってとうろうろさせられた記憶があります。
撤収時間間際で駆け足ではありましたがとても楽しめました……!





以上を持ちまして私視点での庭博覧会は終了になります。
今回は計50庭以上もの参加があったようです。
あの大量の庭をレポートしてる人がいない!ということで書き始めたレポートでしたが、
ここまで読んでくださった方のお役に立てていれば嬉しく思います。


主催者様、イベントに参加されました全ての方々、
とても楽しい時間を過ごさせて頂いてありがとうございました。
またこんなイベントが開催される日を楽しみにしています。おつかれさまでした!






以上、2回に分けられて書かれたレポートでした。


見事な大ボリュームでした……! フロさんお疲れ様です!


私自身、あまり落ち着いて庭を見て回ることができませんでしたから


この庭レポのおかげでだいぶ、先日の庭博をカバーできたかなと思います……!


本当にありがとうございました!\\\└(❀╹◡╹)┘/////


それと、主催者様。当日は盛り沢山な構成になっており、運営が大変だったと思います。


本当に今更ですが……主催お疲れ様でした!


それと、庭を展示された皆様! とにかく凄かったです!


す、すごかったくらいしか浮かばないので私はレポート書くのには向いてないんだと思いますがとにかくすごかったです。


楽しい時間をありがとうございました!




040-56


以上、四コマ コルトミア!(この文量とは比べ物にならない仕事量だ……)


レポート、フローリットでお送りしました!


あでぃおす!
  1. 2014/07/21(月) 09:00:00|
  2. イベントに来た。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<きらめく人魚姫・ローレライ モーション集 | ホーム | Freesia Garden Exhibitionレポート 前編!>>

コメント

庭博おつかれさまでした~

素敵なレポートありがとうございます!
コルトミントさんをはじめとして、参加していただいた皆様には頭があがらないです

今度は一般参加者(orお手伝い)としてゆっくりお庭を拝見したいですね・・

  1. 2014/07/22(火) 23:42:01 |
  2. URL |
  3. レーデ #ZPxUmIoo
  4. [ 編集 ]

>レーデさん

http://blog-imgs-70.fc2.com/k/o/r/kortmint/kao-mas-09.png
運営お疲れさまでした……! トンカの一箇所にあれほど紐が並んだ光景、未だに頭に残っていますw

レポートはいろんなところで少しずつ上げられていってるようですが、人それぞれ紹介が違うし、着眼点とか感想も変わってくるので、レポート巡りが楽しいですね!

い、一参加者としては次回もぜひ庭博を開催していただきたいところです。
次はゆっくり回れる構成だったりするといいですね。それとスタッフを募集するというのも。
えらく大変そうだというのは見て取れたので、是非またイベントがあるとしたらお手伝いさせていただきます……!

  1. 2014/07/23(水) 01:20:33 |
  2. URL |
  3. コルトミント #-
  4. [ 編集 ]

>レーデさん

http://blog-imgs-70.fc2.com/k/o/r/kortmint/top-05.png
庭博おつかれさまでしたっ。
拙い文章とSSで恐縮ですが、少しでも楽しんで頂けたのなら幸いです。
少々過激な表現をしてしまってすみませんでした……!


やはり画面を埋め尽くすWisがトラウマにヾ(,ω, ノシ)シ
酷くお疲れのようでしたので最低限に言うこと言って抜けて来てしまって
きちんとご挨拶出来ていなかったのが気になっていました。


今回は主催、本当におつかれさまでした。
酷く負担を抱えたようで、「もうやらない」とまで思われているかもしれませんが
もし次があるのなら今度は一人でやろうとせず、
もっと誰かを頼るようにしたら皆が幸せになれるのではと思います。
必要であれば私も今度こそしっかりお手伝いしますので……!


もだもだ書いていたら長くなってしまいましたが。
最後に、狙い通り庭を弄りたくなる楽しいイベントをありがとうございましたヾ(*╹◡╹)ノ゙

  1. 2014/07/23(水) 01:54:08 |
  2. URL |
  3. レポートの人 #VWFaYlLU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kortmint.blog.fc2.com/tb.php/40-82ea424c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。